So-net無料ブログ作成

第1節 契約締結前の信用調査と与信管理 [債権の管理と回収]

第1節 日常的な債権の管理
Ⅰ 契約締結前の信用調査と与信管理
1 信用調査の手段
 ① 信用調査の目的
  ⅰ 取引先の業界や環境を的確に把握する
  ⅱ 顧客の物的・人的信用状態を把握する
 ② 信用調査の手段
  ⅰ 民間信用調査機関を通じて行う方法
  ⅱ 営業担当者が直接話し合う方法

2 調査の方法
 ① 法的検討事項
  ⅰ 法人種類に応じて確認する
   ア)登記簿、定款、寄付行為、規約など
   イ)理事、代表取締役の制限など
  ⅱ 取引に関する法的規制の有無
   ア)取引の種類により監督官庁の許認可が必要なことがある
   イ)例えば建設業なら建設業法に基づき国土交通大臣又は知事の許可がいる
 ② 財務的検討事項
  ⅰ 安全性の分析
   ア)自己資本比率、借入金依存度、経常収支比率、流動比率、当座比率など
  ⅱ 収益性の分析
   ア)売上高経常利益率、売上高利益率、自己資本利益率、売上高人件費率など
  ⅲ 成長性の分析
   ア)成長性が高ければ債権回収率の高さや取引拡大の可能性を示す
   イ)増収率、経常利益増加率など


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問・資格(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。